京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KTRが「たんごリレー号」新設 3月ダイヤ改正

京都新聞(12月23日付)

---
愛称たんごリレー号 KTRの新設特急 3月のダイヤ改正発表

北近畿タンゴ鉄道(KTR)はこのほど、来年3月のダイヤ改正の内容を発表した。JR福知山線に乗り入れる大阪への直通特急の廃止に伴い、福知山駅発着で丹後方面とを結ぶ特急の新設を正式に決定。愛称は公募により「たんごリレー号」とした。

直通廃止で浮くタンゴエクスプローラー号を転用し、KTR線内の特急は1日2便増やす。福知山駅発は午前7時~午後1時の間、1時間に1便特急か快速が走るようにする。

たんごリレーの愛称は同駅で大阪・京都方面と接続する意味と地元「丹後」への思いを込めた。エクスプローラー号とタンゴディスカバリー号で共通使用し、分かりやすく特急名を集約する。

特急車両を活用した特急型企画列車も新設するほか、多客期や団体利用など利用実態に応じた車両数増設も可能になるといい、主に京都方面からの観光利用につなげる。KTRは「独自の特急運行で直通廃止の影響を抑え、利便性を確保できる」としている。

---

線内特急はKTRの利便性確保への苦肉の策と言えますが、残念ながら「乗り換え」という大きな障害が立ちはだかる以上、利便性の確保は難しいように思います。この際、宮津線を中心に鉄道自体を観光化する取組みが必要に感じます。JR東日本の五能線やJR東海の飯田線が行っているような観光トロッコ列車の運行や、鉄道スタンプラリーなどイベントを企画し、育児世代の利用客の取り込みが有効のように思います。

天橋立という観光資源だけを頼りに、京阪神から誘客することも非常に大切ですが、地元から愛される鉄道にどう育てていくか、その施策が求められています。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/138-49c0669a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。