京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繊維生産中止に惜しむ声 市は楽観視 綾部グンゼ工場閉鎖で

京都新聞(11月6日付)

---
繊維生産中止惜しむ グンゼ綾部本工場 市「工場棟で事業展開を」

綾部市発祥の大手肌着メーカー「グンゼ」が、同市の綾部本工場でのストッキング生産の年内終了を発表したのを受け5日、地元関係者から創業以来の繊維生産がなくなることを惜しむ声が上がった。

同社は「郡是製絲」として1896年に綾部で創業。綾部本工場のストッキング生産は60年前から続けてきた。市民から驚きや残念がる声が聞かれ、50年前、綾部本工場に勤務した大志万春恵さん(66)は「昔の活気を思い出すと寂しい」と話した。

同社によると、生産終了後、関係の従業員約35人は、市内の他部門や宮津市など近隣工場への配転で雇用を確保。綾部本工場棟の活用は今後検討するという。

綾部市は「従業員の雇用が確保され、市財政への影響はあまりない」(上原直人副市長)と冷静に受け止めつつ、「グンゼ製品が蚕都綾部の発展に寄与してきたことを思うと残念。工場棟での事業展開に早期着手してほしい」としている。

---

綾部市の工場閉鎖への冷静な考え方には全く理解できません。現在現存する他部門も市外流出せぬよう、今から対策を講じる必要があるように思います。グンゼは綾部市の象徴であり、トステムに続く工場閉鎖にもっと危機感を感じるべきだと考えます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/125-ea668204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。