京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グンゼ、綾部本工場、12月末までに閉鎖 創業地から撤退

京都新聞(11月5日付)

---
グンゼ、綾部本工場閉鎖 ストッキング生産 創業地から撤退

グンゼは4日、ストッキングなどレッグ製品を生産する綾部本工場(綾部市)を12月末に閉鎖すると発表した。市場縮小に伴う生産の効率化が目的で、ストッキング生産は創業工場から撤退し、宮崎県小林市と中国・山東省の2工場に統合する。

同社によると、同工場の従業員は数十人規模で、綾部市内の他部門や近隣の工場に配置転換する。同工場棟は従来からあるストッキング物流の拠点として活用する。同市内の研究開発部門、OA機器用ベルトなどの工場、メディカル事業部などはこれまで通り残る。

グンゼは1896年に郡是製糸会社を創業し、生糸生産を綾部本工場で始めた。1950年からはストッキング生産に切り替えていたが、92年をピークにストッキング需要が低迷していた。

---

ストッキング生産だけの撤退であり、他の多くの部門は綾部に残るものの、綾部市の象徴であるグンゼの工場閉鎖に驚きとともに、時代の流れを感じます。今年3月には綾部工場団地のトステムも綾部から撤退しており、今後の綾部の雇用への悪影響が懸念されます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/121-076794be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。