京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再雇用人員拡大へ 正規雇用確保を 日特・舞鶴工場閉鎖問題

毎日新聞(8月12日付)舞鶴支局版

---
日特舞鶴事業所 閉鎖へ 日本板硝子子会社 府など雇用協議

日本板硝子(本社:東京都港区)の子会社で、ガラス加工業の日本特殊産業(本社:大阪府吹田市)の舞鶴事業所(舞鶴市平、従業員135人)が11月末で閉鎖することが分かった。11日、雇用問題を話し合う関係行政機関などの連絡会議が府舞鶴総合庁舎で開かれた。

自動車用ガラスの需要減少などが理由。府によると、会社側は日本板硝子グループや取引会社で約100人(非正規含む)、日本板硝子京都事業所の期間従業員で25人の雇用先を確保していると説明しているという。

府や舞鶴市、労働基準監督署、公共職業安定所、商工会議所の担当者が出席。135人はほとんど正規従業員で、「正規雇用を確保する努力を最大限すべき」との申し入れを同社や日本板硝子に行うことを決めた。雇用保険や就労支援制度について関係機関の合同説明会も開く。

---

京都新聞(7月24日付)によると、日本板硝子グループの日硝興産舞鶴支店に45名、京都事業所に25名の70名しか再雇用できていないという現状が報告されていただけに、一応、125名の再雇用先が確保できたことは不幸中の幸いでしょうか。ただほとんどが非正規という立場になると思われ、1名でも多い正規雇用の確保が今後の重要な課題となってくると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/101-e031109d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。