京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道・バスとも大幅減 舞鶴道無料化が影響

毎日新聞(8月12日付)

---
【高速道無料化】 鉄道利用者14%減 高速バスも22%減

6月に全国37路線50区間でスタートした高速道路の無料化社会実験について、国土交通省は11日、他の公共交通機関や観光、物流への影響を検証したデータを初めて公表した。対象区間と並行する鉄道路線(特急)では、実験開始後1週間での利用者が最大で14%減少。また高速バスでも最大22%減少した。

公共交通機関は、6月28日から7月4日までの実験開始後1週間の旅客実績を、国交省が平日と休日に分けて比べた。最も減ったのは北海道のJR函館線、滝川-旭川(休日)など3区間で前年同時期と比べ14%減、京都府の北近畿タンゴ鉄道の福知山-宮津(休日)が同10%減だった。調査した28地点中24地点で実験前より利用者が減少した。

高速バスも岡山道の岡山総社-賀陽(平日)で22%減など、34地点中19地点で実験前を下回った。

対象区間に近い全国177カ所の観光施設で利用者数を調べたところ、実験開始直後の平日(6月28日~7月2日)では前年同時期比10%増。休日(7月3~4日)は14%減ったが、3連休の7月17~19日は9%増えた。

一方、実験前はほとんどなかった渋滞が急増。西九州道(武雄ジャンクション-佐世保中央・佐賀、長崎)などでは、開始から4週間で25日以上渋滞した。

無料化区間に近い物流施設282カ所への聞き取り調査では、40%が高速道路の利用が増えたと回答。コスト削減効果を感じた業者は36%にとどまり、「良くも悪くもない」との回答が48%に達した。

公共交通機関の利用者数などについて国交省は、今後も調査を続け、高速無料化の影響を慎重に判断する方針。

---
府北部に関係のあるところを抜粋すると、

〔鉄  道〕  北近畿タンゴ鉄道・福知山-宮津(休日) 10%減
〔高速バス〕  舞鶴若狭自動車道・舞鶴東-大飯高浜(休日)22%減

となりました。

舞鶴若狭道の高速バスは、おそらく近鉄バス及び福井鉄道が運航している「わかさライナー」(大阪-高浜・おおい・小浜)だと思われます。鉄道、バスともに大幅減となり、公共交通機関への影響が懸念されます。

その一方、府北部の観光地は休日を中心に観光客が増加しており、功罪相半ばするといった所でしょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/100-66707749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2010/08/13(金) 07:46:28 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。