FC2ブログ

京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備

京都新聞(5月18日付)

---
赤れんが倉庫、カフェやホテルに 舞鶴でパーク整備

舞鶴市の人気観光スポット、舞鶴赤れんがパーク(同市北吸)や周辺のまちづくり実施計画を市がこのほどまとめた。赤れんが倉庫を飲食店や宿泊施設として活用するほか駐車場の増設、遊歩道や展望台の整備などで年間来場者数150万人を目指す。

基本方針は、国の重要文化財の赤れんが倉庫群、海、港のイメージや魅力を最大限に生かしながら旧海軍ゆかりの舞鶴のブランドを形成する。赤れんがパークは2012年度にオープンし、17年度の年間来場者は約69万人。

倉庫群は未利用を含めて修理や修繕を実施し、民間事業者を募って倉庫内でレストランやホテル、カフェ、ホールなどを運営する。防衛省の施設となっている赤れんがパーク西側の三角形の土地には駐車場や広場を整備し、道の駅の開設も検討。国道27号を挟んだパーク向かい側の財務省用地にも観光バス用の駐車場を設ける。

現在のパーク駐車場からパーク北側の道路にかけて海辺の風景を楽しめる遊歩道を造り、海軍ゆかりの桜並木にして展望デッキも配する。西側の文庫山は、海や海上自衛隊の艦艇が眺められる高台の良さを生かし展望台を設置し、飲食や物品販売もできるようにする。

事業期間は2019年度から約10年間で用地買収を除く総事業費は約30億円を見込む。市企画政策課は「実現には関係機関の協力が必要だが、民間活力を導入して財政負担を抑えながら整備したい」としている。
---

インバウンド(訪日外国人)のみならず国内観光客も急増している舞鶴市ですが、特に赤れんがパークは戦前の異国情緒漂う雰囲気が特に人気があり、近年は大きく観光入込客数を増加させています。

ただイベント開催時は飲食関係の屋台などが多数出店するものの、平時は数店の飲食店があるだけとなっています。また宿泊施設も東舞鶴駅周辺や潮路通り沿いにしかなく、イベント開催時には不足するなど、ハード面の不備も指摘されてきました。

今回、舞鶴市が周辺整備や民間事業者を公募し、観光客の利便性の向上と一段と魅力をアップさせようとする試みは大いに期待したいと思います。隣接する海上自衛隊の舞鶴基地見学とともに、京都府北部の観光振興に一役も二役も買ってほしいですね。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad