FC2ブログ

京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

電車やバスは不便? エコ通勤進まず 舞鶴

京都新聞(2月8日付)

---
電車やバス不便?エコ通勤進まず 舞鶴

マイカーではなく電車や路線バスを利用する「エコ通勤」に舞鶴市が取り組んでいる。健康づくりや環境負荷削減で職員に公共交通機関の利用を推奨しているが、公共交通網が充実していない地域が多く、成果を挙げるため模索が続いている。

エコ通勤は一斉退庁日の毎月第3木曜を「エコ通勤の日」に定めた2015年7月にスタート。17年度は業務時間内に効率的に仕事を終わらせる「働き方改革」と合わせて取り組みを強化した。

昨年5月には、前日に庁内電子掲示板にエコ通勤に関する情報をまとめたニュースを掲載。7月からはバス通勤定期券が入手しやすいよう担当課による購入や各自の利用状況に応じて作成した「マイ時刻表」の配布をそれぞれ始めた。12月のエコ通勤日には職員駐車場のマイカー台数が同日以外の12月平均に比べ50台以上少なかった。企画政策課は「エコ通勤の認識が共有されてきている」とみる。

しかし市が昨年6月に実施したアンケートで、公共交通機関が利用可能な職員673人のうち約3分の2に当たる457人がマイカーで通勤していることが判明。マイカー通勤者で公共交通機関に切り替える考えを示したのは1割程度にとどまった。市内では鉄道や路線バスは多くて30分に1本程度、1日に数本という地域もあり、行き帰りの時間に適した便がない状況がある。

市役所以外でも公共交通機関を使った通勤の取り組みが行われているが、成果が上がっていないのが実情だ。

京都北都信用金庫(本店:宮津市)は、12年4月から、京都丹後鉄道の利用促進のため毎月第2、3水曜に鉄道を利用した通勤を職員に呼び掛けている。舞鶴中央支店は「728人の職員のうち鉄道の利用頻度が高いのは本部勤務の百数十人程度。支店勤務の職員はなかなか難しい」と説明する。

約500人が働く府中丹広域振興局(本庁:舞鶴市)も職員の年間の鉄道利用目標として1万8,000回を掲げている。職員1人当たりでは通勤や業務、私用で月3回になる。舞鶴市内にある単身者寮の職員には路線バスでの通勤を促すが、利用者は少ない。振興局は「職員駐車場は人数分用意され、車通勤が前提になっている。意識改革をしないといけない」とするが、具体的な対策は見いだせていない。

舞鶴市は18年度も取り組みを続ける予定。企画政策課は「取り組みを続けることが大切。市内の民間企業にも導入を働き掛けて広めていきたい」との見方を示す。ただ1月中旬に開かれた市公共交通ネットワーク会議では住民代表の委員から「朝の時間は貴重。1本乗り遅れると遅刻になる。エコ通勤の浸透は厳しい」との意見も出された。エコ通勤の定着や拡大にはさらなる工夫が求められる。
---

エコ通勤については様々な評価があると思いますが、私は舞鶴市の取り組みにエールを送りたいですね。現在、地方では1日数便しか運行されていないバス路線が多く、鉄道も便利とは言い難い状態です。しかしながら舞鶴市内では幹線路線は概ね30分に1便運行されていることから、比較的エコ通勤に適した地域性もありながら、市が率先して取り組まなければ誰も利用しなかったはずです。極端な言い方ですが、1人でも2人でも利用するだけでその分の効果はあり、全員が利用するのは土台無理な話であることから、できる人から始める姿勢は評価できます。

また民間企業でありながらエコ通勤・地域貢献を実践する京都北都信用金庫も称賛されるべきでしょう。このような企業が多くなり、利用人数が増えれば鉄道やバス路線の増便にもつながる可能性があり、増便することで更に利用しやすくなります。このような好循環を生み出すためにも舞鶴市や京都府(中丹広域振興局)、京都北都信用金庫の取り組みが今後更に広がることを期待したいと思います。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad