京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小浜京都ルートなら減額要求も 舞鶴ルート実現へけん制 京都府

京都新聞(6月22日付)

---
小浜京都ルートなら負担減額要求も 舞鶴ルート実現へけん制 京都府

北陸新幹線未着工区間の敦賀以西ルートについて、京都府は21日、JR西日本(本社:大阪市)の主張する小浜-京都案が採用された場合、通過距離などに応じた現行基準での負担金の支払いは難しいとの考えを京都府議会で示した。京都駅以外には府内に新駅が設置されないJR西案では「負担に応じた受益が府民にない」ことが理由。京都府の求める舞鶴経由ルートの実現に向け、国や他府県をけん制する狙いもありそうだ。

全国新幹線鉄道整備法などによると、事業費は新幹線が通過する距離などによって都道府県が3分の1を負担する。敦賀以西ルートは与党委員会で、JR西の小浜-京都案、京都府の提案した小浜-舞鶴-京都案、滋賀県が支持する米原案で検討が進む。

JR西案で小浜と京都を最短距離で結んだ場合、南丹市や京都市の山間部を縦断する。21日の府議会一般質問で、東川直正・建設交通部長は「途中駅もなく、トンネルだけで通過する区間への負担は大変厳しい」と述べ、JR西案に決まれば負担金の減額を求める考えを示唆した。

府交通政策課は「負担金は駅の設置など開通による受益を重視すべきで、距離の単純計算に基づく負担は府民理解が得られない」とし、「府北部に多大な経済効果をもたらす舞鶴ルートになれば、相応の負担を行う」としている。
---

京都府のみならず、関西地方にとって最も経済効果の高い舞鶴ルート(京都府北部ルート)実現に向けて京都府の覚悟が伝わってくる記事ですね。特にJR西日本や福井県などが推す小浜京都ルートは福井県やJR西日本の受益が大きく、負担が少ない反面、受益が少なく、負担額が莫大となる京都府にとって受け入れがたいルート案です。

今回、「府北部に多大な経済効果をもたらす舞鶴ルートになれば、相応の負担を行う」という京都府側の相当の覚悟が小浜京都ルートに固執する福井県やJR西日本の態度にどう影響を及ぼすか、注視していきたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。