京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商工関係被害 巨額の30億円 福知山豪雨災害

京都新聞(10月18日付)

---
商工関係被害 巨額の30億円 福知山豪雨

福知山市は17日、8月の府北部豪雨災害で、市内の商工関係被害額が30億7,000万円に上ったと明らかにした。市街地が浸水した1953年(昭和28年)の大水害以来の巨額の被害といい、1,032事業所が被災したという。

被害額は7日現在で商工会議所や商工会の調査を踏まえ、市がまとめた。内訳は機械などの設備が13億1,000万円、建物が9億4,000万円、車両が4億円、商品や備品が4億2,000万円。昨年9月の台風18号での商工関係被害額約4億円を上回る。

事業所別では床上・床下浸水などの被害が、工場59件、事務所・営業所などの事業所336件、住宅併用を含む店舗613件、病院24件に上った。

市商工振興課は「廃業や撤退の話も複数ある。企業再建の支援をしていきたい」としている。

また、14日現在の建物の浸水被害は床上1,995戸、床下2,430戸の計4,425戸。全壊、半壊などの建物被害は4,152戸。

8月豪雨で市街地は。由良川支流の弘法川と法川が氾濫し、750ヘクタールに及ぶ浸水被害を受けた。市の史料によると、53年の台風13号では市内の死者4人、家屋流失55戸、全壊428戸などの被害が出た。被害総額は約66億円。
---

福知山市は以前より水害被害に悩まされてきた土地柄であり、相当の防災投資を行ってきた経緯があるものの、これほどまでの大損害が出たことは極めて残念です。被災された方への惜しみない支援と、復興に向けた取り組みを応援していきたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。