京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光需要が約20%増加 物流時間も短縮 舞鶴若狭道開通で

Impress Watch(8月29日付)

---
観光需要が約20%増加 舞鶴若狭道開通で

国土交通省近畿地方整備局、NEXCO中日本(中日本高速道路)、NEXCO西日本(西日本高速道路)は、7月20日に開通した舞鶴若狭自動車道 小浜IC(インターチェンジ)~敦賀JCT(ジャンクション)間(延長39km)の開通1カ月間における整備効果を発表した。

開通後1カ月の交通量は、平日が7100/日、休日が1万2200台/日で平均9100台/日となった。開通区間と並行している一般道の国道27号では、中間地点となる国吉城地点で1日の交通量が22%減少して分散効果が表れている。また、既存の開通区間である小浜西IC~小浜IC間の交通量は、それまでの約3700/日から約7400台/日と約2倍に増加した。

経済面では、福井県嶺南地域の主要観光地における来場者数が28万2100人から33万8900人と約20%増加。周辺の観光施設では、若狭歴史博物館の来館者数が約4.5倍、三方五湖・レイククルーズの来場者が約2.3倍、道の駅 若狭おばまの売り上げが約1.5倍になるなどの効果を発揮している。

このほか、舞鶴若狭自動車道の全面開通により、福井市内から京都府、兵庫県などに荷物を運ぶ物流企業で所要時間が約30分短縮された事例を紹介。配達の遅延がなくなることに加え、配送の安定化が図れることをメリットとして解説している。

---

舞鶴若狭自動車道の全線開通により、福井県若狭地方はもちろん、京都府北部地方でも大きな経済効果が表れているとのことで、非常に喜ばしい限りです。今年度には京都府北部全体では舞鶴若狭道よりも開通効果が大きいと言われる京都縦貫自動車道も全線開通することから、企業誘致や観光振興に大きな期待がかかります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。