京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾部本工場で新規事業 数年内に本格生産へ グンゼ

京都新聞(1月19日付)

---
綾部本工場で新規事業 数年内にも本格生産へ グンゼ

グンゼ(本社:大阪市)は、昨年末にストッキング生産を終了した綾部本工場(綾部市)について、数年内に新規事業の生産拠点に活用する方針を18日、明らかにした。

同工場は現在は遊休施設となっているが、創業工場だけに早期に新規事業の生産を始めたい考えだ。新規事業としては人工皮膚などのメディカル分野や開発中の50インチ以上の大型タッチパネルなどが有望視され、早ければ2012年度までに成長事業を見極め、数年内に本格生産に踏み切る計画という。

綾部本工場は1950年からストッキングを生産してきたが、91年をピークに市場規模は縮小。近年は高品質製品を少量生産していたが、生産効率化のため中国と宮崎県小林市の2拠点へ移管した。

綾部市内のメディカル事業部、OA機器部品工場、研究開発部門などは残り、ストッキング物流拠点も従来通り本工場棟を活用する。

---

非常に素晴らしいですね。グンゼの地元を大切する経営姿勢には好感が持てますし、今後とも応援していきたい企業の一つとなりました。成長分野を見極めた上での生産開始とのことで、早期の事業立ち上げを期待します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。